本文へスキップ

東京都杉並区のりんご訪問看護ステーションです。

電話でのお問い合わせはTEL.03-6454-7990

〒167-0035 東京都杉並区今川2-24-1 カリフール今川1-104

研修・学術活動study

当ステーションで行われている研修・学術活動の様子です

弊社代表の佐郷谷(OT)が一般社団法人日本作業療法士協会ウエブサイトの「TEAM OT」というコンテンツに紹介されました。「神経難病患者の在宅生活を支援する作業療法士」というタイトルです。「日本作業療法士協会 TEAM OT」で検索を!

 
(画像は、ウエブサイトのスクリーンショットです。)

所内研修会「訪問看護アクションプラン2025について」

担  当 :佐郷谷 義明(代表・作業療法士)

開 催 日:H29年6月5日(月)9:00~10:00

場  所 :当ステーション事務所


所内研修会「訪問看護師・訪問療法士としてマインドセット」 

担  当 :依田 理恵(管理者・看護師) 

開 催 日:H29年5月8日(月)9:00~10:00

場  所 :当ステーション事務所

コメント :訪問に従事する看護師・療法士の心構えや
      相互理解について、皆で意見を出し合いながら
      確認し合うことができました。

 

所内研修会「チームビルディング」
担  当 :佐郷谷 義明(代表・作業療法士)

開 催 日:H29年5月1日(月)9:00~10:00

場  所 :当ステーション事務所 

コメント :地域における多職種連携の礎としてのチームビルディングについて、レクを
      交えながら楽しく体験をしました。弊社では、時折このようなレクを用いた
      研修を実施します。概念・知識論も重要ですが、こうしたお互いに体を動か
      す・触れ合う研修も非常に有意義なものとなります。


所内研修会「体圧分散エアマットレス・体位保持用具について」

講  師 :パラマウントベッドホームケア課 山田様

開 催 日:H29年4月10日(月)9:00~10:00

場  所 :当ステーション事務所

コメント :体圧分散マットレス(エアマット)及び、ベッド上での姿勢変換・体位維持
        等で活用される福祉用具について学びました。これらの福祉用具は適宜新商
      品も発売されますので、より便利かつ効果的な用具の知識を得ておくことが
        重要です。パラマントベッドホームケア課様、ありがとうございました。
       


所内研修会「特定の者(第3号研修)たんの吸引に関する制度理解」

担  当 :佐郷谷 義明(代表・作業療法士)

開 催 日:H29年4月3日(月)9:00~10:00

場  所 :当ステーション事務所


所内研修会「半固形栄養剤の投与~ニプロ加圧バックについて~」

講  師 :NIPROメディカル営業本部東京第一支店 松尾様

開 催 日:H29年3月13日(月)9:00~10:00

場  所 :当ステーション事務所

コメント :胃瘻などの経管栄養で、半固形栄養剤を投与する際に使用する加圧バックに
      ついて学びました。NIPROメディカル営業本部様、ありがとうございました。


所内研修会「全自動排せつ支援ロボット・ドリーマー について」
担  当 :株式会社えがお 長谷川様

開 催 日:H29年3月6日(月)9:00~10:00

場  所 :当ステーション事務所 

コメント :在宅生活支援において排泄ケアはたいへん重要です。今回は、排尿のみなら
      ず排便についても自動で支援してくれる機器「ドリーマー」について学びま
      した。株式会社えがお様、ありがとうございました。


所内研修会「インシデント・リスクマネジメント」 

担  当 :佐郷谷 義明(代表・作業療法士) 

開 催 日:H29年2月6日(月)9:00~10:00

場  所 :当ステーション事務所

 

所内研修会「吸運動訓練装置・LIC TRAINERについて」
   

講  師 :カーターテクノロジーズ株式会社 関根敦様

開 催 日:H29年1月30日(月)9:00~10:00

場  所 :当ステーション事務所

コメント :本品はALS等の神経筋疾患における呼吸筋低下による肺の虚脱に対して行
      われる呼吸理学療法であるLICトレーニング (Lung Insufflation Capacity:
      LIC) に使用する医療機器です。製品構造の理解ととともに、実際にデモをさ
      せて頂き、たいへん参考になりました。カーターテクノロジーズ株式会社様、
      ありがとうございました。


所内研修会「伝達講習会~フィジカルアセスメント(触診・聴診・打診)~」
担  当 :猪瀬 和美(主任・看護師)

開 催 日:H29年1月23日(月)9:00~10:00

場  所 :当ステーション事務所    


所内研修会「呼吸リハビリテーション」
担  当 :髙木 友恵(理学療法士)

開 催 日:H28年12月12(月)9:00~10:00

場  所 :当ステーション事務所

コメント :呼吸に関する基本的な徒手的アプローチについて再確認しました。
      実際にお互いの身体構造を触診し動かすことで、学ぶことが多くありました。
     


所内研修会「難病コミュニケーション支援~アイスイッチについて~」
講  師 :株式会社エンファシス 大島佑介様

開 催 日:H28年12月2日(金)18:00~19:00

場  所 :当ステーション事務所

コメント :難病患者様のコミュニケーション支援においては、様々な入力デバイスや
      スイッチの工夫を図りますが、今回は、視線の動きで入力するスイッチの
      一つである「アイスイッチ」についてデモをしながら学びました。
      株式会社エンファシス様、ありがとうございました。     


所内研修会「難病コミュニケーション支援~ハーティラダーについて~」
担  当 :北原 献(主任・作業療法士)

開 催 日:H28年11月28 (月)9:00~10:00

場  所 :当ステーション事務所

コメント :難病患者様のコミュニケ―ション支援で活用することの多い
      ハーティラダーについて、その基本構成と使い方の確認をしました。
      当ステーションではALS患者様の受け入れが多いため、高頻度で活用
      する支援策の一つです。     


所内研修会「人工呼吸器 クリーンエアASTRALについて」 

講  師 :フクダ電子 御担当者様 

開 催 日:H28年10月24日(月)9:00~10:00

場  所 :当ステーション事務所

コメント :人工呼吸器にも様々な種類・機種がありますが、
      今回は「クリーンエアASTRAL」について学びました。      フクダ電子様、ありがとうございました。

 

所内研修会「レセプト基礎知識の整理 
~コンプライアンス遵守のための介護保険・医療保険・公費対応の理解~」

担  当 :佐郷谷 義明(代表・作業療法士) 

開 催 日:H28年9月26日(月)9:00~10:00

場  所 :当ステーション事務所


所内研修会「伝達講習会 ~高齢者虐待対応における訪問看護事業所の役割~」

担  当 :依田 理恵(管理者・看護師)

開 催 日 :H28年9月12日(月)9:00~10:00

場  所 :当ステーション事務所

所内研修会「在宅でのターミナル支援」

担  当 :猪瀬 和美(主任・看護師) 

開 催 日:H28年8月22日(月)9:00~10:00

場  所 :当ステーション事務所


所内研修会「伝達講習会 ~難病看護の研修に参加して~」

担  当 :白石 道子(看護師) 

開 催 日:H28年8月8日(月)9:00~10:00

場  所 :当ステーション事務所


日経BPの取材を受けました!



   

日経ビジネスアソシエ特別編集 日経BPムック「時代は薬女」の中で、当ステーション看護師が取材を受けました!「薬剤師がつなぐココロのバトン~患者を支えるチーム医療の仲間たち~」の中で、2名の看護師が、訪問看護における薬剤師さんとの連携についてお話をさせていただきました。皆さん、購入して読んで下さいね!!


全国研修会での講師を務めました!

研 修 会 :日本訪問リハビリテーション協会「認定訪問療法士」第7回認定基礎研修会

開 催 日 :H28年5月14~15日

場  所  :AP浜松町(港区芝公園)

講  師  :(株)シナプス代表 りんご訪問看護ステーション
                作業療法士/認定訪問療法士 佐郷谷義明

講義内容  :「多職種連携の考え方と方法」
 認定訪問療法士を養成・輩出するための第一ステップ、「認定基礎研修会」において、弊社代表の佐郷谷が講義を担当いたしました。全国から参加された130名超のPT・OT・STの皆さんの熱 気溢れる研修会となりました!

杉並区から表彰を受けました(^o^)

 平成28年1月25日、杉並区から「杉並区子育て優良事業者」優良賞を受賞いたしました!これは、会社・団体において、仕事と家庭・子育てを両立できる職場環境の整備や取組みに対して表彰されるものです。弊社の育児子育て支援における日頃の努力をこのように評価していただき、このような栄えある賞をいただくことが出来ました。これからも益々頑張ってまいりたいと思います。

 
 
 

全国学会にて、三演題の発表をいたしました!
学会:第8回日本訪問リハビリテーション協会学術大会in東京
開 催 日:H28年6月17~18日

場  所 :タワーホール船堀(江戸川区)

演  者 :口述発表:理学療法士 髙木友恵
      口述発表:作業療法士 山本啓子
      ポスター発表:作業療法士 北原献


所内研修会「学会発表予演会」

担  当 :佐郷谷 義明(代表・作業療法士 認定訪問療法士) 

開 催 日:H28年6月13日(月)9:00~10:00

場  所 :当ステーション事務所


所内研修会「CPR」

担  当 :担当:依田 理恵(管理者・看護師) 

開 催 日:H28年5月23日(月)9:00~10:00

場  所 :当ステーション事務所


所内研修会「吸引手技・胃瘻処置の再確認」 

担  当 :猪瀬 和美(主任・看護師) 

開 催 日:H28年5月16日(月)9:00~10:00

場  所 :当ステーション事務所

 

所内研修会「症例検討会」

担  当 :北原 献(主任・作業療法士) 

開 催 日:H28年5月9日(月)9:00~10:00

場  所 :当ステーション事務所

 

所内研修会「オムツの使用方法・介助方法」

担  当 :猪瀬 和美(主任・看護師)

開 催 日:H28年4月18日(月)9:00~10:00

場  所 :当ステーション事務所

日常的なケアでは必須とも言えるオムツの使用方法・介助方法について、基本的知識と技術を改めて確認しました。極めて基本的なケアでありますが、同時に極めて重要なケアでもあります。こういった基本を繰り返し徹底していくことの重要性を皆で再確認する良い機会となりました。


所内研修会「外部研修受講報告会(伝達講習会)」

担  当 :山本啓子(作業療法士)、高木友恵(理学療法士)

開 催 日:H28年4月4日(月)9:00~10:00

場  所 :当ステーション事務所


所内研修会「外部研修受講報告会(伝達講習会)」

担  当 :小野瀬 智(作業療法士) 

開 催 日:H28年3月14日(月)9:00~10:00

場  所 :当ステーション事務所


所内研修会「外部研修受講報告会(伝達講習会)」

担  当 :依田 理恵(管理者・看護師) 

開 催 日:H28年12月14日(月)9:00~10:00

場  所 :当ステーション事務所


所内研修会「在宅における神経難病の看護のポイント」

講  師 :(公財)東京都医学総合研究所 難病ケア看護研究室

             東京都神経難病医療ネットワーク事業 難病医療専門員 

                       小川 一枝先生 橋本 英子先生

開 催 日:H28年12月11日(金)17:20~19:00

場  所 :当ステーション事務所

今回は、都医学総合研究所難病医療専門員の小川一枝先生、橋本英子先生をお招きし、「在宅における神経難病患者の看護のポイント」のご講義を賜りました。弊社は神経難病患者様、特にALS患者様が多いのが特徴ですが、日々在宅で実践している訪問看護・リハの学術的な面とともに、ざっくばらんな質疑応答を通じて新しい知見を得ることができ、たいへん参考になりました。小川様・橋本様、ありがとうございました。

所内研修会「呼吸の評価・聴診」

担  当 :近藤 優子(看護師) 

開 催 日:H28年12月7日(月)9:00~10:00

場  所 :当ステーション事務所


第5回神経難病リハビリテーション研究会にてワークショップを担当しました!




学  会 :第5回神経難病リハビリテーション研究会(第33回日本神経治療学会内)

開 催 日:H27年11月28日(土)13:00~16:00

会  場 :名古屋国際会議場

演  者 :株式会社シナプス代表  りんご訪問看護ステーションOT佐郷谷義明 


ワークショップ内容:「神経難病を抱えながら“家で暮らす”を支えるために~訪問療法士の立場から~」

11月26~28日、名古屋国際会議場で「第33回日本神経治療学会」が開催されました。同会場内で28日に開催された「第5回神経難病リハビリテーション研究会」のワークショップの一演題を、代表・佐郷谷が担当させていただきました。神経難病支援のスペシャリストが参集される学会にてワークショップを担当させていただき、身が引き締まる思いとともに、たいへん刺激を受ける機会となりました。学会運営関係者の皆様、ありがとうございました。

所内研修会「外部研修受講報告会(伝達講習会)」

担  当 :猪瀬 和美(看護師) 

開 催 日:H27年11月16日(月)9:00~10:00

場  所 :当ステーション事務所


所内研修会「BMI~「新心語り」のデモンストレーション~」



   

講  師 :開発者 小澤邦昭先生(東洋大学工業技術研究所) 

開 催 日:H27年11月13日(金)17:20~19:00

場  所 :当ステーション事務所

 今回は、ALS等の神経難病患者様が使用するコミュニケーションエイドの一つで、BMIの一種である「新心語り」のデモンストレーションを行いました。「新心語り」はこの10月に発売し始めたばかりの新機種です。更に、今回は開発者の小澤邦昭先生をお招きし、直接ご指導を頂く貴重な機会となりました。小澤先生、ありがとうございました。

所内研修会「事例検討会」

担  当 :担当:依田 理恵(管理者・看護師) 

開 催 日:H27年11月2日(月)9:00~10:00

場  所 :当ステーション事務所


所内研修会「認知症看護・リハ」

担  当 :佐郷谷 義明(代表・OT・認定訪問療法士) 

開 催 日:H27年9月28日(月)9:00~10:00

場  所 :当ステーション事務所


所内研修会「接遇」

担  当 :北原 献(主任・作業療法士) 

開 催 日:H27年9月14日(月)9:00~10:00

場  所 :当ステーション事務所


所内研修会「災害対策・安全対策」

担  当 :佐郷谷 義明(代表・OT・認定訪問療法士) 

開 催 日:H27年8月31日(月)9:00~10:00

場  所 :当ステーション事務所



所内研修会「緊急時対応について」

担  当 :依田 理恵(管理者・看護師) 

開 催 日:H27年8月17日(月)9:00~10:00

場  所 :当ステーション事務所


所内研修会「透明文字盤の使い方」

担  当 :北原 献(主任・作業療法士) 

開 催 日:H27年8月3日(月)9:00~10:00

場  所 :当ステーション事務所


所内研修会「連携・チームアプローチを考える」

担  当 :佐郷谷義明(代表・作業療法士) 

開 催 日:H27年7月27日(月)9:00~10:00

場  所 :当ステーション事務所

 地域・在宅における連携やチームアプローチはたいへん重要であります。今回の所内研修では、チーム分けしたグループにそれぞれの模擬的なタスクとゴールを設定し、チーム内での連携の取り方やその手法によって、得られる成果(効果)に違いが生じる過程を学びました。

所内研修会「ターミナルケア」

担  当 :猪瀬 和美(看護師) 

開 催 日:H27年7月13日(月)9:00~10:00

場  所 :当ステーション事務所


所内研修会「KYT ~危険予知トレーニング~」

担  当 :佐郷谷義明(代表・作業療法士) 

開 催 日:H27年6月29日(月)9:00~10:00

場  所 :当ステーション事務所

 医療事故を未然に防ぐためのトレーニングとして、イラスト式危険予知トレーニングを実施しました。グループごとに配布されたイラストを元に、この場面下でどのような危険があるのか・潜んでいるのかをディスカッションし、皆で発表し合いながら、リスクへの感受性を高めるトレーニングをしました。

所内研修会「自助具作製~ソックスエイドの作り方~」

担  当 :山本 啓子(作業療法士) 

開 催 日:H27年6月8日(月)9:00~10:00

場  所 :当ステーション事務所

 山本OTの指導にて、ソックスエイドを皆で作製しました。実際に、足元まで手が届かずに靴下をはけなかった利用者様に活用していただいています!

所内研修会「職員間コミュニケーション(グループワーク)」

担  当 :佐郷谷義明(代表・作業療法士) 

開 催 日:H27年6月1日(月)9:00~10:00

場  所 :当ステーション事務所

 訪問業務は単独で行動することが多いため、職場内の仲間である他のスタッフのことを以外に知らないこともあります。今回は、改めて職員間でコミュニケーションをとる時間を確保し、「意外と知らない?お互いのこと」をざっくばらんに話し合い、同じ職場仲間としての相互理解を促進する機会となりました。
所内研修会「訪問看護師・療法士としてのphilosophyを考える」
担  当 :依田 理恵(管理者・看護師)

開 催 日:H27年4月27日(月)9:00~10:00
      H27年5月11日(月)9:00~10:00
      H27年5月18日(月)9:00~10:00

場  所 :当ステーション事務所

 3週連続の研修テーマとして実施しました。訪問看護師・療法士としての技術力・知識力の獲得と向上はいうまでもなく重要なことですが、それらの技術を解釈して統合していく“考え方”が更に重要になります。それぞれのスタッフが、看護師・療法士としてどのような看護観・リハビリ観をもっているのか、それを在宅支援の現場でどのように発揮していけばよいか等をグループワークで話し合い、3週連続の最後の回で、話し合いの結果をまとめ発表しました。

所内研修 テーマ:「ROMの基本的技術・触診その2」

担  当 :北原 献(作業療法士) 

開 催 日:H27年4月20日(月)9:00~10:00

場  所 :当ステーション事務所


所内研修 テーマ:ROMの基本的技術・触診その1」

担  当 :北原 献(作業療法士) 

開 催 日:H27年4月13日(月)9:00~10:00

場  所 :当ステーション事務所

 今回は、看護・リハビリ共通の技術として、ROMの考え方・動かし方、及び基礎的な触診について学びました。スタッフ同士でお互いの身体を動かしましたが、実際に触ってみる・触られてみると普段あまり気付かなかった身体の特徴や動きの制限などを、改めて感じ、学ぶことができました。

所内研修 テーマ:人工呼吸器トリロジー及びカフアシストの基礎知識の整理」

講  師 :フィリップス・レスピロニクス合同会社東京支店 柳川様

開 催 日:H27年4月6日(月)9:00~10:00

場  所 :当ステーション事務所

 今回は、私たちの訪問において頻回に接する人工呼吸器トリロジーと、排痰するためのカフアシストの基礎知識の整理として、フィリップス・レスピロニクス合同会社東京支店目黒営業所呼吸センターの柳川様にお越し頂き、実際の機器をもとに勉強をいたしました。改めて基礎知識の確認ができたいへん勉強になりました。柳川様、ありがとうございました。

所内研修 テーマ:「平成27年度介護保険法改正・報酬改訂確定版」

担  当 :佐郷谷 義明(代表)

開 催 日:H27年3月30日(月)9:00~10:00

場  所 :当ステーション事務所


所内研修 テーマ:「会話・コミュニケーション・問診」

担  当 :佐郷谷 義明(代表)

開 催 日:H27年3月16日(月)9:00~10:00

場  所 :当ステーション事務所


所内研修 テーマ:「事例検討会」

担  当 :管理者 依田理恵 

開 催 日:H27年3月9日(月)9:00~10:00

場  所 :当ステーション事務所


所内研修 テーマ:「伝達講習会」

担  当 :北原 献(作業療法士) 

開 催 日:H27年3月2日(月)9:00~10:00

場  所 :当ステーション事務所


所内研修 テーマ:事例検討会

講  師 :管理者 依田理恵

開 催 日:H27年2月23日(月)9:00〜10:00

場  所 :当ステーション事務所


所内研修 テーマ:これからの在宅医療の考え方~制度背景と我々に求められること~

講  師 :代表 佐郷谷義明

開 催 日:H27年2月16日(月)9:00〜10:00

場  所 :当ステーション事務所


<他事業所様の研修会講師を担当しました!>
所内研修 テーマ:大和ライフネクスト様が運営する訪問看護ステーション合同研修会

講義内容 :これからの在宅医療の考え方~制度背景と我々に求められること~ 

講  師 :株式会社シナプス代表 佐郷谷義明(OT)

開 催 日:H27年2月7日 15:00~17:00

場  所 :大和ライフネクスト様 本社

 今回は、大和ライフネクスト様が運営する2か所の訪問看護ステーション様と通所介護施設様の合同研修会に招聘いただき、「これからの在宅医療の考え方~制度背景と我々に求められること~ 」について講師を務めさせて頂きました。目前に迫った介護保険法改正・介護報酬改定の要点に触れつつ、制度論だけではなく、在宅現場でどのような視点をもっていくべきかという臨床活動の観点も織り交ぜながらの講義となりました。また、参加者の方々の実践報告をお聞きし、皆様の日頃のお仕事の一端に触れ、佐郷谷自身たいへん勉強になり、また感動いたしました。大和ライフネクスト様、参加者の皆様、ありがとうございました。


所内研修 テーマ:「年間活動方針」及び「コーチングを学ぶ」
進    行:代表 佐郷谷義明

開催日:H27年2月2日(月)9:00~11:00

場 所:当ステーション事務所

 年間活動方針や重点課題などの打ち出しと確認を行う、経営・運営面でのスタッフ参加型の会議を開催しました。また後半は、「コーチングを学ぶ」という内容で、スタッフ同士の親睦の意味も含み、二人一組ずつとなっての研修を行いました。これは、ペアを組んだ一人がアイマスクをしスタート地点(屋外)から歩き始め、もう一人が適切な声掛け・誘導・リスク回避を実践し、共に協力しながらゴールを目指すというものです。視覚を遮断された状況で歩くということは予想以上に難しいことです。ゴール地点まで無事に到達するには、共に歩くパートナーからの適切な声掛け・誘導・リスク回避、そして何より不安を軽減する励ましが重要です。翻って、私たちが日常の訪問業務において利用者様を支援する場面においても、同様な要素が必要とされます。改めてそれらのことを感じ・学んだ研修となりました。

東京都作業療法士学会でワークショップを担当しました!

学 会:第11回東京都作業療法学会

       「つながり~作業療法士の職域を拡げる~」

ワークショップ内容:「つながり・つながる・つなげる

         ~神経難病患者への訪問作業療法におけるコミュニケーション支援~」

 演 者 :株式会社シナプス代表 
                   りんご訪問看護ステーションOT佐郷 谷義明

開催日:H27年10月26日(日)13:00~13:50

場 所:首都大学東京 南大沢キャンパス

内 容:第11回東京都作業療法学会において、ワークショップを                担当させて頂きました。

       演者(佐郷谷)自身、たいへん勉強なった学会参加でし                た。
 

地域の勉強会で講師を務めました!

地域勉強会:「ALS在宅支援勉強会」(さくらクリニック主催)

  テ  ー   マ :「在宅ALS患者に対するコミュニケ―ション支援

             ~進行段階に応じて、私たちは何をすべきか?~

 
 
 

講師:りんご訪問看護ステーション 代表 佐郷谷義明(OT)

開催日:H27年9月12日(金)19:00~21:00

場 所:中野ZEROホール学習室

3ヶ月に一度、中野区のさくらクリニックが主催で「ALS患者の在宅支援勉強会」が開催されています。今回は、弊社代表の佐郷谷(OT)が「在宅ALS患者に対するコミュニケ―ション支援~進行段階に応じて我々は何をすべきか?~」とのテーマにて講師を務めさせて頂きました。参加者は、医師、訪問看護ステーション看護師、リハスタッフ、病院MSW、ケアマネージャー、ヘルパーなど、地域の多職種の方々がご参集され、120名超の盛大な勉強会になりました。

所内研修 テーマ:地域連携論2「訪問薬剤師のお立場から」

講 師:日本調剤株式会社

    健保施設推進部 在宅チーム

    薬剤師・介護支援専門員 中村三智子様

開催日:H26年7月28日(月)17:00~18:00

場 所:当ステーション事務所

 訪問薬剤師のお立場から、在宅ケアの現場での看護師との連携や相互理解についてご講義をいただきました。また「簡易混濁法」の紹介がありました。簡易混 濁法とは、錠剤やカプセルを粉砕・開封せず、そのまま温湯に入れ崩壊混濁させたあと経管投与する方法です。2006年4月に改訂された「第十二改訂 調剤指針」 にも「簡易混濁法」として項目が追加され、以降、広く認知・実施されるまでになりました。簡易混濁法はこれまで経管投与の際に頻用されてきた粉砕法(いわゆる「つぶし調剤」)に伴う調剤時の問題点を回避するとともに、多くのメリットを持っている手法です。在宅医療、訪問看護の現場でも有効活用できる方法とし て、知識の確認と整理ができました。

所内研修 テーマ:地域連携論1「ケアマネージャーのお立場から」

講 師:さんじゅ久我山 介護支援専門員 市村朋子様、酒井多佳子様

開催日:H26年5月12日(月)18:00~19:30

場 所:当ステーション事務所

 弊社企画として「地域連携論」と題し、在宅ケアを実践する上で最も肝要となる多(他)職種との連携について外部講師をお招きし、日常的な工夫、困ったこと、良かったこと!等々ざっくばらんに意見交換をしました。ケアマネージャーさんから見る訪問看護と療法士の業務内容とその質、逆に、訪問看護・療法士から見るケアマネージャーさんのお仕事について、相互理解と共通認識 を得る機会となりました。

りんご訪問看護ステーション

〒167-0035
東京都杉並区今川2-24-1
  カリフール今川1-104
TEL 03-6454-7990
FAX 03-6454-7995